歯周病治療

気になる症状はありませんか?

・歯を磨くと血が出る
・口臭が気になる
・歯がグラグラする
・歯茎が腫れている
・歯茎が下がってきた
これらの症状は歯周病が原因で起きていることがほとんどです。

歯周病とは?

歯周病はプラーク(歯垢)に潜む歯周病菌によって歯茎や顎の骨などの歯周組織に炎症が起きる病気で、歯茎が腫れる歯肉炎から始まり、軽度・中度・重度と段階的に進行していきます。歯周病はむし歯とは違って痛みなどの自覚症状がなく、いつの間にか歯がグラグラして抜けてしまった・・・ということもあります。また歯周病は、日本人の成人80%がかかっている病気でもあり、歯を失う一番の原因となっています。

歯周病が関係する重篤な病気

歯周病などでお口の中に溜まった細菌は、血液を経由して全身に広がり様々な病気を引き起こすことがあります。普段から歯周病のケアをしておくことで健康維持にもつながります。

脳梗塞・心筋梗塞

狭心症

糖尿病

誤嚥性肺炎

骨粗鬆症

早産/低体重児出産

メタボリックシンドローム

歯周病を予防するには?

歯周病の一番の予防法は“毎日の歯磨き”です。ただ、毎日しっかり磨いていても時間がたつと歯石がついてきます。また、歯ブラシでは磨きにくい場所にはどうしても汚れがたまってしまいます。当院では患者さまひとりひとりに合わせたツール(デンタルフロスや歯間ブラシなど)のご提案もしています。間違ったツールで間違った使い方をしてしまうと歯茎を傷つけてしまう原因となりますので、遠慮なくご相談ください。当院では基本的に3か月に一度のメンテナンスをおすすめしております。専用の器具で歯石や着色汚れを落として健康な歯茎の状態をキープしていきます。

正しい歯磨き習慣ができていますか?

「食べたら磨く」を習慣にしてもらうことが基本ですが、ただやみくもに磨いていてもちゃんと汚れが落ちていなかったり、歯茎を傷つけてしまったりすることがあります。お口の中の状態やかぶせ物の種類によっても磨き方が変わりますので、お気軽にご相談ください。また、「正しく磨けているのかわからない」「今まで歯磨き指導を受けたことがない」という方にもひとりひとりにあった歯磨き方法をご指導しておりますのでご相談ください。

ページトップへ