矯正歯科

矯正歯科とは

矯正治療を受ける方の多くは、歯並びのコンプレックスを解消したいという目的をお持ちです。
矯正治療では、この歯並びを美しく整えることも大切ですが、乱れた咬み合わせが全身に与える悪影響を取り除くことも重要になります。当院では咬み合わせとともに口元を美しく機能的に整え、患者様の健康を守りたいと考えております。

成人矯正

矯正治療は子どものための治療というイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし健康な口腔内環境があれば、年齢に関係なく治療を受けていただくことが可能です。 患者様の生活スタイルに合わせ、ご要望に沿った治療方法がご提案できるようさまざまな矯正装置をご用意しております。

特に人前に出る機会の多い方など目立つ矯正装置に抵抗のある方には、透明のマウスピース型のものなどもございますので、人目を気にせず矯正治療を受けていただくことも可能です。

矯正治療の流れ

connecting line
Step1

初診診断、カウンセリング(所要時間 約30〜60分)

患者様のお悩みを伺い、治療の必要性や適切な開始時期についてお話しします。矯正装置や治療方法について、治療期間・費用も含めてご提案します。

Step2

検査(所要時間 約60分)

具体的な治療計画を立てるために、お口の中を詳細に検査します。歯型の採取、お顔や口腔内の写真撮影、レントゲン写真の撮影、咬み合わせ、虫歯、歯ぐきの検査と問診を行います。

Step3

治療計画のご説明(所要時間 約30〜60分)

検査結果を元に、患者様に合った治療計画を立案します。この治療計画のご説明では、選択できる治療方法や装置のメリット・デメリット、治療期間や費用の違いについて詳しくお話します。

Step4

治療開始

制作したマウスピースを使用して矯正を開始します。
治療計画時にお伝えした内容で装着をしていただきます。

Step5

定期的な装置の調整

治療期間には定期的にご来院いただき、装置の調整を行います。
矯正装置の種類や治療段階によって通院の頻度は異なりますが、はじめは2週間毎。
症例によっては約3カ月毎の来院で進められるケースもあります。
順調に治療を進めるためには、スケジュール通り通院していただくことが大切です。

矯正装置の種類

従来の金属の矯正装置だけでなく、目立ちにくい装置の開発が進んでいます。 それぞれの矯正装置によって適切な症状や特徴、メリット・デメリットが異なりますので、患者様一人ひとりに合った治療方法をご提案します。

矯正装置の種類

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを使用せず、マウスピースを決められた時間装着することで歯を動かす治療方法です。 マウスピースは透明で薄い素材でできているため、着けていることが分かりづらく、女性や人前で話をされる職業の方に人気があります。

マウスピースは患者様の歯並びに合わせてオーダーメイドで作製するため、違和感なくフィットして就寝時にも装着していただけます。 また患者様ご自身で取り外していただけるため、食事やブラッシングもいつも通りしていただけます。

当院では、症例に最も適した治療をお受けいただけるよう、下記のマウスピース矯正に対応しています。

アソアライナー DENマウスピース インビザライン
アソアライナー
デンマウスピース
インビザライン
一日の着用時間 17時間以上 8〜10時間以上 20時間以上
適用症例 狭い 広い
来院回数 2週間に一度 2週間に一度 2週間〜3ヶ月に一度
費用 価格ページ参照 価格ページ参照 価格ページ参照
矯正装置の種類

ワイヤー矯正装置

歯に固定するブラケットにワイヤーを通して、少しずつ歯を移動させる装置です。

メタルブラケット

多くの症状に適している、歯の表面に金属製のブラケットをつける治療方法です。ブラケットが目立つデメリットがありますが、費用や通院回数を抑えることができます。

クリアブラケット

歯の色に馴染みやすい、透明感のある素材を使用します。

舌側矯正

歯の裏側(舌側)に装置を取り付けるため、慣れるまで多少違和感がありますが、人目を気にせず治療ができます。

ハーフリンガル矯正

上顎の歯には裏側に、下顎の歯には表側に装置をつける治療方法です。矯正装置が発音の邪魔になりにくく、装置も目立ちにくいというメリットがあります。

ページトップへ