一般歯科

虫歯治療

虫歯は、口腔内の細菌が食事をした時に残った糖分をもとに酸を作り出し、この酸が歯を溶かす病気です。人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、 修復が間に合わず一度虫歯となってしまうと、自然治癒することはありません。虫歯の初期では、自覚症状がないため自分で気づきにくく、痛みが出るころには進行が進んで歯を抜かなくてはならないこともあります。

虫歯は毎日のブラッシングで予防できますが、初期の虫歯を早く見つけるためにも定期的に歯科医院に通うことをおすすめします。

虫歯の原因と進行段階

虫歯の原因と進行段階

虫歯ができる原因は、歯の強さである「歯質」、虫歯を引き起こす「細菌」、細菌の栄養となる「糖」、細菌が繁殖するまでの「時間」の4つの要素から成り立っています。 他にも食生活などの生活習慣や唾液の量などによって、虫歯のなりやすさが変わります。

虫歯ができるまで

  • 細菌は、磨き残しの糖分を栄養として歯垢を作ります
  • 歯垢はネバネバとした細菌の巣で、この中で細菌は繁殖していきます
  • 歯垢の中で細菌はさらに糖分をもとに酸を作り出し、この酸が歯を溶かします

虫歯の進行と治療方法

C1

歯の一番外側エナメル質に虫歯があります。痛みはほとんどないため、この段階はあまり虫歯に気づきません。治療では、虫歯部分を削りレジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2

虫歯が象牙質まで進行し、痛みや冷たいもの・熱いものがしみることがあります。虫歯を削った部分はインレー(小さな被せ物)で補います。

C3

虫歯が大きく進行し神経まで到達すると、激しい痛みや噛むと痛いなどの症状が出ることがあります。細菌に感染した神経は取り除き、根の治療後に被せ物を被せます。

C4

虫歯が歯の根まで進行した状態で、すぐに治療しなくてはならない状態です。
歯を抜かなければならない場合もあります。

歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯を支える歯肉などの歯周組織が歯周病菌に感染し破壊される病気です。歯周病は自覚症状がほとんどなく、症状を感じた時には重度の歯周病に進行していることが多くあります。

歯を失う原因として虫歯よりも歯周病が多く、日本人成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病の原因

歯周病の原因

磨き残した食べ物のかすを餌に繁殖した細菌は、歯垢を作ります。細菌は歯垢の中で毒素を出し、歯肉や歯槽骨を溶かします。 さらに歯垢が石灰化すると石のように硬くなり歯石になります。歯石には歯垢や食べ残しが付着しやすく、歯周病を進行させる原因になります。

歯周病の進行

connecting line
Step1

 

磨き残しなどにより、歯と歯肉の境目にある溝に食べ残しがあると細菌が付着し、歯垢を形成します。歯垢をそのままにしておくと、歯垢の中で細菌の繁殖が進みます。

Step2

歯肉炎

歯垢を取り除かないと、歯垢が石灰化して硬くなり歯石になります。歯垢と歯石が原因で、歯肉に炎症が起き歯肉炎になります。歯肉は赤く腫れ、出血しやすくなります。

Step3

歯周炎

歯肉炎が続くと、細菌の出す毒により歯と歯肉の溝が深くなり歯周ポケットが形成されます。歯周ポケットの中ではさらに細菌が繁殖し強い毒素を出します。

Step4

 

歯周炎が進むと、歯を支えていえる骨「歯槽骨」や歯周組織が破壊されます。このまま進行が進むと、歯がグラグラし最終的には歯を失ってしまいます。

歯周病の治療について

歯周病は、まだ進行の進んでいない軽度のものであれば、歯科医院で歯垢や歯石をきれいに取りのぞき毎日ブラッシングを行うことで、進行を抑え治せることもあります。

しかし歯周病の初期段階で気づくことは難しいため、歯肉の腫れや出血、痛みなどがありましたら、なるべく早く歯科医院で診てもらうことが歯周病で歯を失わないための秘訣になります。

ページトップへ