審美歯科

アイタウンプラザデンタルオフィスの審美歯科

セラミック

技工士と提携


有限会社エムズデンタルラボ代表者でもあります技工士「村田茂」さんは変化していくお口の中の状態に合わせ、その知識と経験、感性より補綴物を1つ1つ製作していきます。 患者様の状態に合わせて製作いたしますので、どうぞご安心くださいませ。

セラミック

精度と仕上がりに徹底的にこだわっています


むし歯治療で削った歯には、修復物として「セラミック」や「金属」などを詰めたり、かぶせたりして機能を回復させます。
しかし、修復物に使用する素材の性質によっては、歯と修復物の隙間から、むし歯が再発し、再治療になるケースが多くあります。この再治療を防ぐために、当院では、歯科医師と歯科技工士が綿密な打合せを行い、精度が高く、しかも見た目にも美しい治療にこだわっています。

セラミック

かみ合わせや周辺の歯、全身への影響も考慮した治療


お口の中には、本来28本の歯があります。それぞれの歯は力学上、バランスを保って機能しています。1本の歯を治療して修復物が入る時には、このバランスを考慮することがとても大切です。反対側の歯や隣の歯に負担をかけたり、かみ合わせのバランスを崩してしまうことで、お口全体や体の調子に影響を与えることもあります。当院では、修復治療や矯正歯科について数多くの症例に関わってきた歯科医師による治療を提供しています。

ほとんどの歯科医師は「自分の治療に銀歯は使わない」という理由

実際に歯科治療に従事している「歯科医師」や「歯科衛生士」は自分自身の歯の治療に保険適用の銀歯を使用することはありません。金属に含まれる成分からアレルギーの発症につながるケースも報告されていることや(銀歯に含まれるパラジウムは欧米では人への使用を禁じられています)、耐久性が数年程度で再治療になる事が多く、歯の寿命を短くしてしまうことがその理由です。
また、昔の保険治療で使用されることが多かった「アマルガム」には、水銀が高濃度で含まれており、唾液による腐食で人体に影響を及ぼすおそれがあります。イギリスやアメリカ、スウェーデンではアマルガムを規制する流れが出てきています。「審美治療」という面がクローズアップされることが多いですが、実は、審美的なことだけでなく健康面の理由からセラミック等の治療をお勧めしています。

審美歯科治療の種類

補綴(かぶせ物)の種類は大きく分けて2種類あります。

インレー

インレー

歯の一部を覆うかぶせ物
※わかりやすいように銀歯の見本を掲載しております


クラウン

クラウン

歯の全部を覆うかぶせ物
※わかりやすいように銀歯の見本を掲載しております

オールセラミックス

オールセラミックス(インレー・クラウン)

全てセラミックでできている素材を使用する治療方法です。金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも安心して治療していただけます。 オールセラミックスは自然な透明感があり天然歯に合わせて色合いを調整できるため、調和のとれた美しい仕上がりになります。

>>料金表はこちら

メリット デメリット
  • ・審美性に最も優れている
  • ・強度があるのでブリッジにも対応できる
  • ・金属アレルギーの方にも安心
  • ・コストがかかる
ハイブリッド(インレー・クラウン)

ハイブリッド(インレー・クラウン)

セラミックスとプラスチックが混ざり合った素材でできています。 高額になりがちな審美歯科治療の中でも比較的安価ですがレジンの欠点も持っています。

>>料金表はこちら

メリット デメリット
  • ・金属アレルギーの方にも安心
  • ・保険外治療の中では安価
  • ・着色・変色しやすい
  • ・強度が劣るためブリッジには不向き
ジルコニア(クラウン)

ジルコニア(クラウン)

通常のセラミックに比べ強度が高い素材がジルコニアです。金属のようなしなやかさと強度に優れています。金属アレルギーの心配もなく、身体に優しく安心です。

>>料金表はこちら

メリット デメリット
  • ・強度があるので様々なかみ合わせの方に対応
  • ・金属アレルギーの方にも安心
  • ・素材の性質上透明感を出すことがむずかしい
メタルボンド

ゴールド(インレー・クラウン)

いわゆる金歯です。 金属の中では比較的しなやかなため、かみ合わせに合わせてなじんでくれます。

>>料金表はこちら

メリット デメリット
  • ・歯にピッタリとなじむ
  • ・審美性に劣る
  • ・金属アレルギーの方には不向き
メタルボンド

メタルボンド(クラウン)

メタルボンドは、金属の外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。中に金属を使用しているため強度があります。またセラミックの変色しにくさも兼ね備えています。

>>料金表はこちら

メリット デメリット
  • ・審美性に優れている
  • ・強度があるのでブリッジにも対応できる
  • ・内面が金属のため歯茎が黒く見えることがある
  • ・金属を使用しているため重さがある
ラミネートべニア

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯の形をもう少し整えたいという時に、短期間で改善できる治療方法です。歯の表面を薄く削りセラミックを張りつけることで、歯の色や形を調整します。ホワイトニングでも白くならない生まれつきの歯の着色を白くしたり、少しだけ歯並びを治したりすることができます。

>>料金表はこちら

メリット デメリット
  • ・審美性に優れている
  • ・金属アレルギーの方にも安心
  • ・歯を削る量が少ない
  • ・かみ合わせによっては割れやすい
ページトップへ