インビザライン

インビザラインとは

インビザラインとは

透明で薄く目立たない素材で作られた、取り外し可能なマウスピースを用いた歯列矯正方法です。コンピュータによる3Dシミュレーションで治療計画を立て、事前にしっかりと歯の動きを確認することができます。 複数のマウスピースで歯を少しずつ矯正していき、理想の歯並びへと導いていきます。 矯正治療していることを気づかれることなく生活できるため、人と接する際もストレスを感じることがありません。

見える矯正に抵抗がある方に・・・

透明の薄いマウスピースを使用するので、見た目を気にせず矯正できる、審美性の高い治療です。

金属アレルギーの方に・・・

金属を使用していないマウスピースですので、金属アレルギーの方にも安心です。舌や粘膜を傷つけることもありません。

食生活が不便になりそうと感じる方に・・・

マウスピースは自分で取り外しが可能なため、普段通りの食事を楽しむことができます。

インビザラインのメリット

目立たない

金属ワイヤーとブラケットによる矯正は、装着しているのが一目瞭然でした。 インビザラインは薄く透明なマウスピース型のため、装着していても気づかれることはほとんどありません。

取り外しが簡単

いつでも取り外しができるため、衛生的で口腔内を清潔に保てます。
歯磨きや食事の際のストレスもありません。

装着時の違和感が少ない

マウスピース型は『歯の部分だけ』を覆う形となっているため、装着時の違和感が少ないです。

通院回数が少ない

インビザラインは、治療終了時までに必要なすべてのマウスピースを、治療前に作製します。
そのため、他のマウスピース矯正に比べて歯型取りの回数が少なくなります。

適用できる症例が幅広い

部分矯正治療に向いているアソアライナーに比べ、インビザラインは幅広い矯正治療が可能となっています。

ホワイトニングも同時に行える

矯正中でもホワイトニングを行うことができます。

インビザラインのデメリット

・治療前にすべてのマウスピースを作製するため、大きな虫歯の治療などにより歯の形が変わる治療は、マウスピース作製前に全て治療をしておかなければならない。(矯正治療とは別に治療費がかかります)

アソアライナーとの比較

インビザライン アソアライナー
インビザライン
アソアライナー
適用できる症例 全体的な歯の移動が必要な矯正治療にも対応できるケースが多い 部分矯正治療に向いている
特徴 最初に3次元画像化技術とCAD/CAM技術により各ステージのマウスピースをまとめて作製しお渡しします。
材質:ポリウレタン製
約 1 ヵ月毎の来院時に毎回歯型を取ってASO 社で装置を作製します。
材質:ポリエチレン製
装置の着用 2 週間毎に新しい装置に変更します。(1 日 20 時間以上着用) 1 ヵ月間のうち前半をソフトタイプ、後半をミディアム・ハードタイプ使用。(1 日 17 時間以上装着)
開始までの期間 歯型を取ってから装置の完成まで約 30日程度かかります。 歯型を取ってから装置の完成まで約 14日程度かかります。
矯正中の歯の治療 矯正中他の治療をして装置作り直しが必要になった場合は別途料金が発生することがあります。 矯正の途中で、むし歯やかぶせ物を作るような治療をすることも可能です。
治療費 ブラケットを使った普通矯正と同等の費用がかかります。 アソアライナーのみの使用の場合、ブラケットによる矯正より安価で済みます。

>費用はこちらをご確認ください。

歯並びやお口の状態は人それぞれ違いがあります。
自分のお口に合った矯正治療の選択だけでなく、治療前後や治療の途中では、クリーニング、虫歯・根の治療・歯茎の治療、歯周病の治療、など、さまざま治療が絡んできます。

当院では、アライナー矯正の症例実績が豊富で、幅広い治療に精通した歯科医師が治療を担当します。 安心してご相談ください。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

ページトップへ