DENマウスピース

DENマウスピースとは

DENマウスピースとは

矯正治療は、従来は歯の表面にブラケットを固定しワイヤーを通して歯を動かす方法が一般的でした。しかしこの装置は目立つため、矯正治療に抵抗がある方も多くいらっしゃいました。DENマウスピースは、ブラケットやワイヤーを使用せず透明なマウスピースを着けて矯正治療ができる装置です。

  • text

    他のマウスピース矯正に比べ、短い時間の装着ですむ治療方法です。睡眠時間も含め8〜10時間程度と、家で過ごす時間だけで矯正治療ができます。

  • text

    ブラケットとワイヤーを使用する矯正治療は歯磨きしづらいという方もいらっしゃいましたが、マウスピースはいつでも取り外し可能なため、ケアやお食事もいつも通りしていただけます。

  • text

    ワイヤーの矯正治療は過度な力がかかり、歯を動かす際に痛みが出ることもありました。このマウスピースは舌で歯を押す程度の力で痛みがほとんどありません。

  • text

    透明なマウスピース矯正は装着していてもほとんど目立ちません。見た目を気にして躊躇していた方に本当にオススメです。

  • text

    DENマウスピースは安心の国産。さらに矯正の進行に合わせてオーダーメイドでマウスピースを製作します。

  • text

    ブラケットやワイヤーの矯正は、虫歯治療の都度、器具を外して治療が必要です。DENマウスピース矯正はいつでも取り外し可能なので虫歯治療やホワイトニングなどの治療が可能です。

マウスピースのメリット・デメリット

ワイヤー矯正

text

○メリット

  • 一部を除き、ほぼすべての症例の治療が可能
  • 治療費が比較的低価格

✕デメリット

  • 装置が目立ちやすい
  • まれに金属アレルギーを起こす場合がある
  • 慣れるまで食事や歯磨きがしづらい
  • 治療の過程で使用する針金やゴムにより違和感や不快感を覚えたり、口内炎になることがある

インビザライン(最も代表的なマウスピース矯正)

text

○メリット

  • 通院回数が少ない
  • 取り外しができる
  • 金属アレルギーの方も治療できる
  • 透明なマウスピースで目立たない

✕デメリット

  • 症例によっては適応できない場合がある
  • 外して放置してしまうと歯牙が動きづらい

DENマウスピースのメリット・デメリット

○メリット

  • 透明なマウスピースで目立たない
  • 1日の装着時間が短い(8時間~)
  • 治療できる症例が多い
  • 痛み・違和感がない
  • 取り外しできる
  • 虫歯治療やホワイトニングを同時に行える
  • 金属アレルギーの方も治療できる

✕デメリット

  • 治療期間が比較的長い
  • 治療できない難症例もある

マウスピースのメリット・デメリット

治療の流れ

connecting line
Step1
カウンセリング

カウンセリング

歯並びについてのお悩みやご希望をうかがい、マウスピース矯正について治療期間や費用なども含めてご説明させていただきます。口腔内の状態を把握するために、レントゲン撮影と診断に必要な模型用の歯型を取ります。

Step2
>治療プランのご説明

治療プランのご説明

患者様用の治療プランを、レントゲン写真や模型を使用して分かりやすくご説明します。治療プランをご確認いただきましたら、治療期間・費用を明記した申込書をお渡しします。

Step3
矯正治療開始

矯正治療開始

お顔と口腔内の写真撮影と、マウスピース作成のための歯型を取ります。

Step4
矯正治療期間

矯正治療期間

オーダーメイドで作成しましたマウスピースをお渡しして、治療が始まります。定期的に通院していただき、新たに調整したマウスピースのお渡しと、次回お渡しするマウスピースの型取りを行います。

Step5
保定期間

保定期間

歯の移動が終了しましたら、後戻りを防ぐ保定用のマウスピースをお渡しします。1年間に3〜6回、後戻りしていないかの確認をいたします。

よくある質問

  • 1日8時間で矯正治療ができるの?

    弱い力を8〜10時間かけることで歯は動きます。

  • 他の歯科医師には「8時間では動かない」と言われました。

    矯正治療の歯科医師であれば、動くことを知っています。

  • 1日8時間以上着ければ、早く治療は終わりますか?

    長く着けると歯は早く動きますが、過度に動かすと土台に悪影響があります。将来的に健康できれいな歯でなくなる可能性があります。

ページトップへ